Press "Enter" to skip to content

ニュータウン

エコノミー

小林の心の底に息づいている並々ならないほど深い土地への愛情は、こうした原風景により育まれてきたのだということが、痛いほどに伝わってくる。農地改革で土地を失う小林が3歳のときに太平洋戦争が終わった。戦争末期には本土を襲撃され、沖縄侵攻、広

島·長崎への原爆投下と、世界史上でも稀な悲惨な体験を経て、日本にようやく平和な日々が戻ってきたが、ほとんどの国民は、やっと戻ってきた平和を味わう余裕はなかった。戦後もしばらくは食べものが手に入らず、飢えとも戦わなければならなかった。
しかし、広大な農地を持つ小林の家は、幸運なことに飢えとは無縁だった。
それどころか毎日のように都会から、米や芋に換えてほしい着物や骨董品などを持ってという人々がやってきた。「土地があれば、そうした様子を見聞きして育った小林は、幼心にもそこでなにかを生み出せる。それゆえ、土地は無限に近い価値を持つものだ」という思いを、心の奥底に深く刻み込んでいった。だが、ついに激震が襲いかかってきた。
その農村にも、農地改革である戦前までの日本の農村では、大地主がいて、一般の農家は大地主から田畑の土地を借り受けて米や野菜をつくっていた。

そして、収穫時には賃料の代わりに穫れた農作物の一部を地主に渡し、残った農作物を売って生計を立てていた。戦前の日本の農村は、そんなしくみで成り立っていた。しかし、GHQ連合国軍最高司令部の目には、地主は労せずして豊かな暮らしを手に入れる!方で、小作人は汗水たらして働いても貧しさにあえいでいると映ったのだろう。そこでGHQは、農地改革に乗り出した。
不在地主や広大な農地を所有する地主から農地を買収し、小作人に売り渡すという、お達しを出したのである。しかし、折しも急激なインフレであったため、地主に支払われたお金の価値は大きく下落しただ実質的には只同然で取りあげられたようなものだった。親父は悔しかったでしょうね。
その後もしばらくは、むかしはこうだったんだよと、ことあるごとに話していましたと語る小林は、その悔しさは子どもの胸にも痛いほど伝わってきたと言う。
建築の道を志す小林家は、長男、次男、長女、小林、次女の三男二女という、5人の子宝に恵まれていたしかし、三男の小林には、家の跡を継ぐという選択肢はなく、いずれは自立しなければならなかったため、なんらかのかたちで一生の生活を支えていく仕事を探さなければいけないという思いを、早くから持っていた。
告知事項ありの物件って何?そして中学2年生になったときに、ついに自分が進むべき道を心に決めたこのころの日本経済は高度成長期へと突入し、家電製品や自動車など、日本の製造技術に世界の目が注がれていた「なかでも自動車産業は、アメリカなど海外にもどんどん進出しており、将来、最も有望な産業だと思えました」だが、残念ながら小林は、機械いじりがあまり好きではなかった。
もちろん、好き嫌いよりも将来性を重視して機械技術の道に進むこともできただろうが、それではやはり、どこかしっくりこない。

あくまでも自分の本心に従って、自分が本当にやりたいことを生涯の職業にしていきたい自分自身の本当の気持ちと真っ向から向きあった結果、小林が選んだのが、建築の道だったの「結果論ですが、将来は建築家になるという選択を10代でした自分を褒めてやりたいと、いまでもそう思うことがあるくらいです」

そう言って、小林は笑顔を見せるまだ10代なかばの、少年と言ったほうがいい年齢である。

このときの小林は、その年齢で自分が本当にしたいことを感知できたのは、いつも自分をまっすぐ見つめる視線を養ってきたからこそだろう。生涯働き続けるために機械技術ではなく、建築の道に進もう。小林がそう決意した背景には、もうひとつ理由がぁる。まだ10代の若者なのに?と、これもまた驚くほかはないのだが、小林は、何歳になっても一生働き続けたいと思っていたというのである年をとっても、夜遅くまで楽しそうに働いていた。
小林の祖父母や両親は、その姿を見るにつけ、人間は、働き続けるのが理想だと小林は感じた。しかし、会社員には定年がぁ生涯るから、いずれは独立して、自分が経営者にならなければだめだ。
生涯働き続けるためには、その点、建築ならば、いずれは自分で設計事務所を開き、生涯働き続けることができるだろうと考えた小林は、高校を卒業後、大阪工業大学へ進学した「自分で建築を選んだとはいえ、大学での勉強はとても大変でした。
とにかく課題、課題課題の連続で、毎日のようにレポートを提出しなければ単位が取れないのです」いまでも単位が取れずに悩む夢を見ることがあと小林は、大学での生活を振り返って語る。るくらい、小林の学生生活は単位取得との闘いだったと言っても過言ではないそうだ。

玉石混淆

過去の類似事例を提示して交渉する

東大和日橋ビル
小林が大学で勉強漬けの毎日を送っていたころの日本は、いわゆる高度経済成長の真っただ日本経済は一貫して上昇カーブを描き続けていた。中にあり、1960年に誕生した池田勇人所得倍増計画を打ち出し、国民の所得を10年で2倍にすると約束した。内閣はこれを受けて、景気拡大期にあった日本はさらに勢いづき、1964年の東京オリンピック開催が決定す日本中がさらに沸き立った。
東京オリンピックに向けての建築ブームに加え、ると、オリンピックを契機に明日の日本をつくっていくという熱気が、日本中に渦巻いたのである小林が大学生活を送っていたのは、そんな時代だった。建築は日本の将来像を具体化する仕事だ東海道新幹線が開業したのは、小林が大学を卒業した1964年の、10月1日のことである。
この日の午前6時、国鉄関係者らに見守られながら、東京駅に新設された19番ホームからひかり1号が新大阪駅に向かって走りだした。
東海道新幹線は、·大阪間を3時間10分開業から1年間は4時間で結んだ。それ以前は特急東京こだまで6時間30分かかっていた所要時間が半減されたのだから、の実現とまさに言ってよいだろう。
こうした交通インフラの大きな進化を受けて、日本全国で建築ラッシュが始まった。それは小林にとって、大きな希望をもたらすものだった。建築を選んで本当によかったと、日々、実感していました。
ビルができると、新しいビルは、日本の将来像を具体化するものでもあります。そこを起点に新しいビジネスがスタートします。
人も、モノも、ビジネスも、ビルや不動産を舞台に活気づいていくということが実感できました当時を懐かしんでいるのだろう、こう語る小林の目には、若いころを彷彿とさせる力強い光がこもっていた

超高層ビル時代の幕開け東海道新幹線が開通するおよそ半年前の1964年3月に大学を卒業した小林は、電車で大阪から東京へと向かっていた。

車窓から見える景色はこの2S3年で大きく様変わりしており、建築中であることを示すクレーンが高々と何本途中で通過する名古屋や浜松などの都市にも、も立っていた「間違いなく、これからの日本には建築ラッシュが起きる」そんな確信に胸躍らせながら東京駅に降り立ち、小林は社会人としての第一歩を踏み出した。その年の10月10日に、第18回オリンピック競技大会の開会式が東京·青山の国立競技場で行われた。93の国·地域から集まった5151名の選手が聖火のもとに集まり、抜けるような青ブルーインパルスが5色の軌跡で五輪マークを鮮やかに描いた。
空には航空自衛隊のこの『東京オリンピック』光景をカメラに収めた東京オリンピックの公式記録映画の総監督を務めた市川昆は、「東京五輪は新しい日本の出発でもあった」と述べている。
東京オリンピックは、東京や大阪などを国際都市へと変貌させ、実際、その後の日本の経済発展の助走となったのである同時に建築業界にも大きな時代のうねりが押し寄せてこようとしていた1968年4月には、東京·霞が関に日本初の超高層ビル霞が関ビルが竣工した。
当時地震多発国の日本ではニューヨークの摩天楼のような街並みの実現は困難だとされており、当時の耐震設計法でも、市街地の建物の高さは100尺31メートルまでに制限されていた。
その霞が関ビルが完成された裏には、制限の壁を破って高さ147メートルの建築業界における価値観のコペルニクス的転回があった。
団体顧客の死亡などにも生命保険それまでは、地震や強風に耐えるには、建物は堅牢でなくてはならないと考えられていてビ,建築にはもっぱら剛構造が採用されてきた。しかし、東京大学教授の武藤清らは新たな耐柔構造理論震技術と施工技術を結集させたを提唱し、地震国·日本における超高層ビル建築の可能性を開いたのである柔構造理論とは、わかりやすく言えば柳に雪折れなしの理論だ。

地震のような大きな大木のようにがっしりと不動で構える剛構造よりも、柳のようにしなやかに揺れに対しては、曲がって力をやりすごす柔構造のほうが耐えやすいということであるその根拠のひとつとなったのが、柔構造で建てられている神社仏閣の塔建築物だ。京阪神地区には奈良時代や平安時代に建てられた三重塔や五重塔などが多数あるが、これらは1000年以上もの長期にわたって地震災害に持ちこたえている。
ちなみに、1995年の阪神淡路大倒壊した塔はひとつもなかったという。震災のときも、そこで、この理論をもとにした設計や施工の技術が開発された。加えて、用地法の改正などの後押しもあり、1970年代以降の日本は、徐々に超高層ビル時代に入っていった。
東京では、霞が関ビルが完成した2年後の1970年に浜松町駅前の世界貿易センター京王プラザホテル約179メートル、ビル約152メートル、翌1971年に新宿の新宿住友ビルディング約210メートル新宿三井ビルディング約223メート年に新宿のサンシャイン60約240メートルが完成しているル、1978年には池袋のそうした時代を目前に控え、小林が上京した当時の建築界は、新時代に向かう新たな人材確保に躍起となっており、各社が激しい競争を大学で建築を学んだ優秀な学生を確保しようと、繰り広げていた。
これから建築の世界へと羽ばたく小林にとっては、まさに最高のタイミングだったと言えるだろう。

建築設計家としての一歩を踏み出すそうしたなかで小林が選んだのは、東京にある中堅どころの建設会社の小川建設だっでは、なぜ小林は、大手建設会社ではなく中堅の小川建設を選んだのか。その理由を小林はこう語っている。

なんといっても、創業が明治42年1909年と歴史が古く、特に国の登録有形文化財指定の建物を多く手掛けていることが魅力でした築50年以上で、登録有形文化財指定とは、歴史的景観に寄与して造形の規範となり、再現することが容易ではないものとして指定されている建造物のことである。

金融関係の本·支店建設でもユニークな存在感を放っており、また、小川建設は、現在では取り壊されてしまったものも多いが、第一銀行桐生支店、安田銀行桐生支店、埼玉銀行羽生支店、第一銀行足利支店、忍商業銀行本店、大間々銀行コノドント館現·みどり市大間々博物館などの名建築を残している。
そしてなによりも、社会に出たら、すぐに現場で実際の業務に携わりたい、仕事の腕はデスクの上では磨けないから、一日も早く現場で実体験をさせてくれるような会社がいいというそんな思いが、小林の選択には強く反映されていたようだ。先輩から学んだ設計士としての技術と魂小川建設に入社した小林は、希望どおり設計部に配属された。学生時代から設計の仕事に憧れていましたから、最初は会社に行くのが楽しみでした。

でもすぐに、そんなに甘い世界ではないと思い知らされました甘い世界小林が言うとは、仕事に求められるレベルのことだけではなかった。会社という組織で行う仕事とはいえ、設計とは、設計者のセンスやひらめきといった個人の感覚が大きくものをいう要素が強いということを、思い知らされたのだ。

先妻の子供と後妻の子供

世間話やカレンダーからでも矛盾は露呈する

小林が憧れてやまなかった神社仏閣の設計をはじめ、たとえば設計部には、当時の小川建設の仕事のほとんどの設計を手掛けるベテランの設計士がいたのだが、すでに60歳近く、大学を出たばかりの小林とは父と子ほどの年齢差があるそのベテラン設計士は、入社してきた若いスタッフのことなど見向きもせず、新人の小林に仕事を教えようとか、育てていこうといった発想は、まったくないように小林には思えた。
「それでも見よう見まねでやっているうちに、設計のノウハウが少しずつ見えてくるようになってきました」職人の世界ではよく「仕事は、と言う。まさにそれだった。

盗んで覚えろ」小林の場合も、ベテラン設計士のほうも、最初は小林の人間性をそれとなく観察していたのかもしれない大学の建築科を優秀な成績で卒業したからといって、実際にどこまで仕事ができるのか、本当にやる気があるのか、仕事を教える前にそれをたしかめたいという気持ちは、人を育てたことがある人ならば、誰でもわかることだろう。

やる気が感じられない相手には、真剣に教えたところで、教え甲斐もなければ、効果もあがらないからだ。いまとなってはベテラン設計士の真意を知るよしもないが、それでもベテラン設計士と小林のあいだを隔てていた垣根はしだいに取り払われていった。建築の基礎や、建築設計に対す問わず語りに教えてくれるようになり、るものの考え方なども、小林もそれらを貪欲に吸収していった。

「小川建設で設計部に配属されたことが、いいかたちで現在の私につながる基礎をつくってく

れたと思っていますちょっと偏屈に見えた先輩設計士の背中を見続けたのは5年ぐらいでしたが、いま振り返ってみると、そのことがものすごく役立っています」いまも思い出に残る病院設計前にもふれたが、小林が、大手ゼネコンではなく、中堅どころできらりと光る存在感がある大組織に属するよりも早く現場に出られるだろうという小川建設を就職先に選んだ背景には、読みがあった。

この読みは的中し、小林は入社後2~3年でかなり大きな案件の設計を任されるようになっていった。「なかでも世田谷区にある総合病院の建物は、いまもそのまま使われていて、忘れられない仕事のひとつです」小林は言うと、「病床数135床の、地域で1、2を争う大きな規模の総合病院でした。いま考えると、経験よくこれだけの大プロジェクトを任せてくれたものだと思います」の浅い若者に、小林はまるで他人事のように言いながらも、と、やはり当時を思い出すのだろう、視線を一瞬、遠くに投げた。
その目には、小川建設時代に対する懐かしさ以上の、深い感慨がにじんでいるようだ。実際、これだけの規模と多様な診療科を持つ多機能病院の設計を、まだ20代の、入社数年の小林に一任したのだから、小川建設としても英断だと言えるもちろん、小林も相当の覚悟を持って引き受け、睡眠時間も惜しんで、この大仕事に取り組当時としては斬新なデザインでありながらも、んだ。

その結果、完成した病院の建物は、痛みや苦しみを抱えた患者さんを温かく迎え入れるやさしさや、癒やされる雰囲気にあふれていると、高い評価を得た一生の基盤が形成される総合病院の設計担当を託される前の小林は、主に現場管理の仕事を任されていた。
5億円の相続財産でそのおかげで、各部材の調達やチェック、さらには積算(設計図などから必要な工事や材料などを洗い出し、工事費の予測や計算を行うこと)など、実際に建物が完成するまでのさまざまな実務を体験し、それらを貪欲に身につけていった設計から積算、こうして小林は、小川建設に在社しているあいだに、施工管理まで、建設に関わる全行程をひとりで把握できる建築士に成長を遂げたわけである。
自社ビルを建てる場合以外は必ず施主がいるため、また、建築では、設計案や、実際の建築の工程、予算などについて、施主とのコミュニケーションが非常に重要になる。小林は、現場のことを十分に理解していたため、そうしたこともそつなくこなすようになっていった。「よい案件に携われば、それだけ早く仕事を覚えられます。

20代の若いあいだにそういう現場をいくつも歩かせてもらったことで得たものは、現在も役立っています」と、小林は言う。こうして身につけてきた知識と経験により、建物の規模によって使用するコンクリートの量や鉄骨の数はどれくらいになるかなどが、小林はすべて把握できるという。これらの数値を割り出すための基本的なデータが、小林の頭の中には入っているからだ。

もちろん、現在はコンクリートや鉄筋の強度が変わり、当時のデータがそのまま使えるわけではないが、そうした数値を知っていることが建築士としての生命線になると考えた、その発想は稀

有のものだと思う。という意思を持っていたわけではなかった。
もっとも、当時はまだ、将来は独立しようだが、郷里に帰って独立してもやっていけるだけの知識を少しでも早く身につけたいという思いが心中深くに潜んでいたのは事実で、実際、そのための努力は惜しまなかった自らの最高、小林は、いつも先々までをも視野に入れて、最善を求め常に努力の人である。

いかなる努力も厭わない。そのためには、だから、なかなか「要は、自分への要求が高く、相当な欲張り気質というほかはないですね。『これでいい!』という満足感にはひたれません」そうした人生を悔やむ気持ちはないと小林は、自らが歩んできた道を振り返りながら、きっぱり言い切る。ゼネコソから住宅メーカーへ転進小川建設での建築士としての仕事に大きな喜びとやりがいを感じていた。
だが、小小林は、林の心の中にはやがて、住宅事業に対する強い関心が生まれてきた。建築士としての仕事に不満を持ったことはいちどもありませんでした。
でも、「それまで、小川建設で与えられる仕事は、『点』ひとつのにすぎないと思えてきたのです」小林の説明はこうだ都市のなかのどんなに立派なビルを建てるという案件でも、小川建設で行う仕事は、大手住宅メーカーが手掛けている住宅事業は、をつくる作業でしかない。
一方、単に1軒の住土地開発はダイナ宅をつくるわけではなく、基本的には土地開発であり、地域開発なのだ。顧客との接点は1軒1軒だとしても、ミックだし、端で見ていても非常におもしろい。ひとつその背景にはタウン計画や地域の開発など、の建物を完成させて終わりではなく、大きな青写真が描かれている。スケールが大きい宅地開発のほうが魅力的「そう考えているうちに、男の一生の仕事として、に思えてきたのです」小林は言う。

と、ようやく30代に手が届こうかという年代地域を開発し、街をつくっていくという仕事は、男のロマンの象徴のように映ったのだろう。ほどなくして小林は小川建設をだった小林には、退社し、ミサワホームの販売会社である多摩中央ミサワホームに入社した。

ヘッドリース事業