セックスに目ざめた奥さんだったら

SMの業界などは普通です

ソープ嬢にその顛末を話すとああ
そんな、愛妻家の私が、よりによって、風俗体験取材漫画家か..国会議員女性が、元風俗ライターをしていたのが、バレて、世間的に散々、叩かれたり、元俳優が、風俗ライターになった時も、「もうすぐ、リアル人間失格」揄された。親戚にバレたらどうしよう?近所の人にバレたらどうしよう?私自身は、もともと、世間とのつながりのない引きこもりなので、いいのだが、娘にバレるのが怖い..また、薄くなった髪の毛を気にしながら、頭を抱えた。いつも聞いているラジオから、リスナーの誰かがリクエストした、「クリーデンス·クリアウォーター·リヴァイヴアル」の「雨を見たかい」が流れた。お天気お姉さんが、明日の空模様は、深夜から朝にかけて雪だと告げていた。そして、明日。私は、妻には内緒で、スポーツ新聞社本社に、風俗体験取材漫画の連載の打ち合わせに行く。
お尻のあたりに指が行くと

チンコにハマっちゃつて
などと、揶今にも雪が降り出しそうなドン曇り。指定時間15時より、50分前にスポーツ新聞社本社に到着。本来、小心者のため、人との、待ち合わせには、必ずと言っていいほど1時間前に到着してしまう私。待ち合わせに正確ではない人が、私は許せない。前日に決めた待ち合わせ時間の10分前あたりに、「今、そちらに向かっています。

美少女のイラストが動き出したみたいだった

と、桜子さんはユラユラさせていた体をピタリと止めて、「おいこら、そこのエロブタ野郎!上品な顔立ちからは想像できない下品な声が店内に響いた。彼女の視線をたどってみると、ぇぇーツ?記者に向けられているではないか。もしかして、記者が標的なわけ?「あたしの体、見ていいって誰が言った!?え?桜子さんの迫力に記者はタジタジだ。いつも記者にどやされている新人クンが見たら、パーイ、何やってんスかぁと軽蔑されちゃいそうだ。「ちょっとこっちに来い!」「セン眉の吊り上がり方も超コさっきの柔和な瞳はどこにもない。もう完ぺきにサディストの目だ。
ロリコン漫画を描いて

セックスを始めた

ワSイ「あたしの声が聞こえないのか。早く来いツ!」記者はスゴスゴ桜子さんの前まで行った。編集長よりも何倍も迫力ある声に圧倒され、トロいオスは醜いわねえ」身動きすらできず侮蔑の言葉が記者の、やわな胸に突き刺さる。記者は金縛りに遭ったように、にいた。ああ、記者はこれからどうなってしまうのか?天使か悪魔か!?記者に脱ぎ立てホカホカのパンティを着用強要桜子さんは不敵な笑みを浮かべながら舐めるような視線で記者をねっとりと見ている。

股間に上から手を伸ばし

息も絶え絶えにシックスナインへ逃げる。コリンちゃんは器用に体をねじり、我が愚息を再びジュポジュポし始めた。舌先でチロチロとカリ首を刺激してみたり、得意技のディープスロートでみっちり咥え込むなど、硬軟織り交ぜた愛撫が夢見心地。眼前には、電マの振動を一身に受けた陰部。クリトリスは勃起し皮からコンニチハと顔を出している。
風俗通いの男性は

ソープに取引先を連れて行くんだ

いやはや愚息の2度目の昇天も、もはや時間の問題かと思われたが、ここはグッと我慢の子。相変わらず埋め込まれたままだった、て、次のいたずらに備えるのだった。水色のローターのコードを引っぱり、楕円の塊を引き出しひと仕事終えた電マをいったん横に置いて、ここからは機械に頼らない人力での愛撫を加える皮からひょっこり出ている陰核を、舌でベロベロと舐めまわす。すると、それに呼応するように、コリンちゃんの愛撫にも力が入る。再び彼女はノド奥に肉棒を誘い、真綿で包むかのようなやさしい刺激を加えてくる。もう限界である。を入れて、フィニッシュ。

      彼女は私が今まで出会った風俗嬢の宅
      膣内への指入れ時に
      マッサージ本場は沖縄