風俗ライターによれば

射精したというだけで

デリヘルが日本の性
悔しいけど、それ以上動いたら、首飛ばされちゃうということで、「東京さんで恨みはらしてくれないか」と電話があった。なるべく地元から遠いネットワークの奴がいいということで東京に住む俺の所に話が回ってきたんだ。俺たち警察官は激務だから、新幹線に乗って殴りに行った。休暇を取るのはなかなか大変なんだけど、いろいろな部署を回って「体、空いてる?」「空いてる?」そういう時には、ケンカが強くて、正義感も強くて、身内意識も強い奴ばかりが集まるんだ。ってきいて、やっとこさ三人集めて、行きの新幹線の中では、好きに暴れられると思うと、うれしくてうれしくて仕方がない。

そして顔を洗うのに店のシャワールームへ。「おっ、実花!おはよう奥の部屋から店の準備のためにタオルをたくさん持って店長がでてきた。「おはよ-店長、タオル1枚ちょーだい!」「おっ!ほらっ」頭にタオルを乗せられた「サンキュー!」「あっ、ところで昨日は綾は家に帰ったのか?」あつそういえば朝帰ってくるって言ってたのに!いや昨日ね夜一緒に飲んでたんだよ!それでその後に出掛けたんだと思う!」今どこいるんだ?「そっかぁ!まぁ開店まで出勤してくれりゃーいいけど無理そうだなぁ」「私顔洗ったら電話してみるよ!」「おうっ頼むよ」私は顔を洗うと部屋に戻りセフレに電話をかけた。プルルルル2「はあいい」寝てる声だ。「おはよう!セフレ?今どこにいるの?ちゃんと開店までに出勤してくださいよー」「えっ?嘘!今何時?」「10時でーす!11時が店の開店時間でーす」「......。

クリトリスを吸われて

マジ?やばっ!ツッチー!起きて!もうチェックアウト!!」カナリ慌ててるらしく私の言葉に返事がない。ツーツーツーしかも電話も切れた。「はぁ」私はフロントに行き店長に叫んだ。「セフレ今起きました遅刻でーす!」「おっやっぱり!まあ、たまには仕方ないかぁ」私は小声でボソッと言った。「うん?今何か言った?」店長が首を傾げる。

セックスという言葉が


風俗の方が好きかな気持ち良くなれるじゃん^.私横浜の風俗店で嬢はオナニーオプションを始めてしまったヒット四国でこんなことがあった。暴力団員の所へある警官が聞き込みに行ったら、相手に頭からお茶を引っかけられたらしい。でも、そいつには市会議員やら国会議員の後ろ盾があるという。さらに圧力がかかり、警察の上層部から捜査をやめるようにお達しが出た。お茶をかけられ、辱められた警官だけがバカを見て、無念の思いをした。

美少女が感じはじめていることなど

悔しいけど、それ以上動いたら、首飛ばされちゃうということで、「東京さんで恨みはらしてくれないか」と電話があった。なるべく地元から遠いネットワークの奴がいいということで東京に住む俺の所に話が回ってきたんだ。俺たち警察官は激務だから、新幹線に乗って殴りに行った。休暇を取るのはなかなか大変なんだけど、いろいろな部署を回って「体、空いてる?」「空いてる?」そういう時には、ケンカが強くて、正義感も強くて、身内意識も強い奴ばかりが集まるんだ。ってきいて、やっとこさ三人集めて、行きの新幹線の中では、好きに暴れられると思うと、うれしくてうれしくて仕方がない。

風俗雑誌の仕事を請け


限界に近づきつつあるようだったフェラなら
「復讐?何それ?」「おい復讐って何だよ!!」「店長は、私達をハメるためにワザとここの社長に金を貸したこの店を買い取るのが目的で」「えっ意味が全然わからないんだけど」「まあ、「俺は彼女のこともお前らのことも忘れてないからむしろずっと見てたよ」って言われたよ」私はその言葉に体がゾクゾクしたその言葉にすごい恨みがこもっているのを感じたからだ。「うちらの行動はずっと見られてたんだよ」だからこの店も買い取ったの?」「うんこの町で働きたいなら俺から逃げれないってことだよ」「そんなぁ」だから言われたよ。「来週から俺の店で頑張ってくれよ!売れっ子ちゃん」って」「セフレのことまで全部知ってるんだ」「うんそれにもう逃げれないよって言いたいんだよ」「うんうちらもう逃げれないね」セフレはタバコの火を消すと言った。だったらもう私は堂々とするつもりだよ!!」だ、大丈夫なのか?店長が言った。「うん!だっていくらあいつの店になるって言っても店長も女の子も変わらないわけでしょ?」「うんまあなぁ!でも少しやり方は変わると思うが」「それでも!私はこのまま続ける!そんで油断させて今度はこっちがハメてやる」セフレは強い口調で言った。「セフレ.。

風俗嬢はヴァギナを広げていくように

....何する気なの?」私は恐る恐る聞いた。「まぁそのうち教えるよ!」.。変なことするなよ!!」店長も動揺している「うん大丈夫!まぁ逆にもう店長に居場所がバレてるなら実花ももう堂々と駅前でキャッチしなよ!」「まあそうだけど」「むしろもう自分の店になるなら実花がキャッチしてる所見ても嫌な気になんてならないでしょ?」「うんそうだね」そしてセフレに言われた通り店長と私はいつもと変わらず仕事をした。ただセフレは何か企んでるみたいだけどまだ教えてはくれなかったとりあえず私は彼女には電話をした。そしてしばらくはまた公衆電話から電話をかけてくるように言った。「なんか実花とセフレに迷惑かけちゃうね」「そんなこと言わないでよ!私は大丈夫だから」「でも何かあったら」「私はセフレが居るから怖くないよ!!」「そうなの?セフレは怖がってないの?」「最初だけ今はなんか逆に復讐するみたいに言ってたから」「本当??何する気なんだろう」「わからないけどまだ教えてくれないんだ!」「そっかでも!私も店長には復讐したい!!」「うんけど彼女は今は1人の体じゃないんだから」「そうだけどさやっぱりあの店長のことは許せないから!」「うんだからきっとセフレが何かしてくれるよ!!」「うん嬉しい」そして電話を切った。